個人信用情報

キャッシング審査における個人信用情報|生活費足りないキャッシングIDEA

キャッシング審査における個人信用情報

キャッシングの審査では個人信用情報が重視されます。
個人信用情報とはキャッシング、カードローン、クレジットカードの利用者の個人情報と借入情報のことで、CIC、JICC、KSCの3つの機関で管理されています。具体的には氏名、住所、年収、借入件数、借入額、返済状況などが記録されていますが、これまでに一度も借り入れ申し込みをしたことがないという人には関係ありません。

 

個人信用情報に問題がある人は審査に通過できないでしょう。
例えば、借入件数が多い方や返済の延滞や滞納がある方は返済が苦しいと判断されるので融資は難しくなります。キャッシング会社も事前事業でお金を貸しているわけではないので、返済において信用がない人には融資ができません。
ただ、融資基準は各社で変わってくるので借入件数や返済状況だけで一概に融資してもらえないと判断することもできません。1社に落ちたからといって諦めてしまうのではなく、他社にも申込んでみることをおすすめします。
しかし、以前に債務整理をしたことがある方は各社の基準に関係なく、数年間は借り入れは不可能になるので注意してください。

 

信用は正しく利用している内は問題ありませんが、複数件から借りてしまう、返済を滞納してしまう、リボ払いにしておりなかなか完済できない、一度に複数社に申し込むをすると色んな要件から傷がついてしまいます。そのため、1社を計画的に使っていくようにしておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ