銀行カードローンの在籍確認

銀行カードローンの在籍確認はどのように行われる?|生活費足りないキャッシングIDEA

銀行カードローンの在籍確認はどのように行われる?

銀行カードローンの審査では、申込者の返済能力があるかどうかが重要なポイントになりますので、申込み者に安定した収入があるのかどうか、申告した勤務先に本当に在籍しているかのチェックが行われます。
流れとしては、まずインターネットから申込み者の情報を入力して送信すると、申し込み内容の確認のための連絡が入りますが、本人確認が済むとすぐに審査が開始されます。最近は銀行カードローンでも審査が申し込みから最短1時間で完了するというスピード審査が一般的になっていますが、職場への在籍確認はこの段階で行われます。
具体的な方法としては、銀行から勤務先に電話で連絡をして、申込み者と代わるよう伝えます。申込み者本人が出ればそれで完了ですが、不在の場合であっても、席を外しているとか、今日は休みで出勤していないといった回答があれば、そのことでも在籍していることが分かりますので、そこで完了となります。
このような職場への連絡は、銀行名やキャッシングのサービス名を出すことは無く、ほとんどは担当者の個人名で連絡が入りますので、会社の人にローンのことを知られてしまうことはありませんので安心しましょう。
カードローンの審査体験談でも、在籍確認が不安だったという話も多いのですが、電話の内容もすぐに終わる場合がほとんどです。しっかりと在籍確認が取れれば、申告したとおりの収入があることが伝わりますので、カードローンの審査でも有利になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ