総量規制対象外のカードローン

金融機関のカードローンの総量規制対象外ととは|生活費足りないキャッシングIDEA

金融機関のカードローンの総量規制対象外とは

従来からカードローンの利用者は返済に困ってしまい、自己破産をするケースが増えていました。そうした環境があることから、当局では金融機関の取り扱うカードローンに対して規制を強化する動きが出ています。その手段として消費者金融などのローンに対しては、総量規制が掛かるようになってきます。その内容としては、年収の3分の1を超える貸し出しができないように限度額が変更をされています。その結果として、利用者に対して過度な融資ができないようになっています。しかし、今回の対象はすべての機関が対象となっているわけではない特徴があります。したがって、総量規制対象外とは、年収の3分の1までしか貸し出しができないことが適用されない機関となります。そのような機関としては、銀行が挙げられます。銀行のローンであれば、年収3分の1以上の借り入れが可能となってきます。しかし、借り入れのための審査は厳しくなっているため、安定収入や高い信用力がないと年収の3分の1を超える融資は受けられない状況が生まれています。とくに非正規雇用者の場合には借り入れの限度額が低く設定されるために、年収3分の1以上の借り入れはできないことが多くなっています。また、信用力の高い利用者であっても、年収の40%までぐらいしか借り入れができない状況も起こっています。したがって、総量規制対象外とはなっていても、大きな借り入れができるとは限らない点に注意をする必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ